源氏物語絵巻

源氏物語絵巻

平安時代の11世紀、関白藤原道長の娘である中宮彰子に仕えた女房紫式部(生歿年未詳)は、『源氏物語』を著し、主人公光源氏の生涯を軸に平安時代の貴族の世界を描きました。「源氏物語絵巻」は、この『源氏物語』を絵画化した絵巻で、物語が成立してから約150年後の12世紀に誕生した、現存する日本の絵巻の中で最も古い作品である。平安時代末期の制作であるとされています。『伴大納言絵詞』、『信貴山縁起絵巻』、『鳥獣人物戯画』(いずれも国宝)とともに日本四大絵巻と呼ばれています。江戸時代初期に、三巻強が尾張徳川家に、一巻弱が阿波蜂須賀家に伝来していたことが分かっていますが、それ以前の古い伝来は未だ解明されていません。

源氏物語絵巻とは

『源氏物語』54帖の各帖より1-3場面を選び絵画化し、その絵に対応する物語本文を書写した「詞書」を各図の前に添え、「詞書」と「絵」を交互に繰り返す形式の、 当初は十巻程度の絵巻でした。徳川家本は現在、愛知・徳川美術館が所蔵しています。蜂須賀家本は江戸時代末期に民間に流出、現在、五島美術館が所蔵しています(「鈴虫」2場面、「夕霧」、「御法」の三帖分)。 両方とも昭和7年(1932)、保存上の配慮から詞書と絵を切り離し、巻物の状態から桐箱製の額装に改めました。「詞書」も「絵」も作者は不明です。「詞書」の書風の違いから、五つのグループによる分担制作かともいわれています。「絵」の筆者を平安時代の優れた宮廷画家であった藤原隆能と伝えるところから、本絵巻を「隆能源氏」とも呼びます。

絵巻物についてもっと知りたい方必見

所在(1)

現在、源氏物語絵巻は54帖全体の約4分の1、巻数にすると四巻分が現存します。名古屋市の徳川美術館に絵15面・詞28面(蓬生、関屋、絵合(詞のみ)、柏木、横笛、竹河、橋姫、早蕨、宿木、東屋の各帖)、東京都世田谷区の五島美術館に絵4面・詞9面(鈴虫、夕霧、御法の各帖)が所蔵され、それぞれ国宝に指定されています。徳川美術館に所蔵されている3巻強はもと尾張徳川家にあったものです。一方、五島美術館にある1巻弱はもと阿波蜂須賀家にあったものが明治20年頃に他の美術品などと一括して美術商柏木探古に売却され、その後実業家で茶人の益田孝(鈍翁)の所蔵となり、さらに戦後になって東京コカ・コーラボトリングの創業者・高梨仁三郎の所有となり、東急グループの総帥・五島慶太が同人の死の直前に買い取ったものです。この両者が、それぞれ尾張徳川家・蜂須賀家に入る以前の伝来は分かっていません。

所在(2)

源氏物語絵巻はこのほか、東京国立博物館に若紫の巻の絵の断簡があり、書芸文化院の春敬記念書道文庫に飯島春敬が収集した末摘花、松風、常夏、柏木の詞書の断簡が、その他数箇所に若紫、薄雲、少女、蛍、柏木の詞書の断簡が所蔵されています。但し個人蔵とされているものの中には現在、所在不明になっているものもあるといわれています。

源氏物語と源氏物語絵巻

本文の内容は青表紙本や河内本といった現在一般的に知られている源氏物語の本文と大筋で同じながら部分的にかなり異なる本文も含んでいて、中には陽明文庫本などの別本とされる本文に近いものを多く含んでいるとの指摘もあります。これがもともと異なる本文を持つ写本を元にしたために異なるのか、それとも絵巻物の詞書という性質上もともとの本文を要約するなどの改変を加えたためなのかが不明であり、そのまま『源氏物語』の伝本とみなすことは出来ません。

昭和復元模写

源氏物語絵巻(昭和復元模写)とは、櫻井清香により徳川美術館に保存されている原本を複製した物。最新の科学技術を使って原本を精確に複写した平成復元模写と違い、絵に櫻井清香自身の個性が反映されているため、原本とはまた違った絵画作品となっているといわれています。

名称

源氏物語を題材にした絵巻物は数多く存在し、「源氏物語絵巻」という固有の名称を持つ絵巻物もいくつか存在しています。また、古文書や古文献の呼び方の通例に従って所有者または旧所有者の名前を冠する形で「徳川本源氏物語絵巻」あるいは「五島本源氏物語絵巻」等と呼ばれることもあります。しかしながら現存している源氏物語を題材にした絵巻物の中で、また「源氏物語絵巻」という名称で呼ばれている絵巻物の中で最も古く、最も著名であり、研究史上最も重要な絵巻物がこれであることから、特に何の説明も付けずに単に「源氏物語絵巻」と呼ぶ場合にはこの絵巻のみを指すことが多いようです。

『源氏物語絵巻』と「隆能源氏」

かつてこの「源氏物語絵巻」は平安時代末期に名高い絵師として活躍した藤原隆能が1人でこれを描き上げたと考えられていたために、一般的に「隆能源氏」といった呼ばれていました。しかしながらこの絵巻を藤原隆能の作であるとすることについては特に確証はなく、江戸時代の鑑定家住吉広行(1755年(宝暦5年)-1811年(文化8年))が『倭錦』において言い始めたことで、「隆能源氏」なる呼び方が広まったのは明治時代以後のことだとされています。

「国宝源氏物語絵巻」

源氏物語を題材にした絵巻物が数多くある中で国宝に指定されているものはこの絵巻だけであることから「国宝源氏物語絵巻」と呼ばれることもあります。この呼び名はこれを所蔵している五島美術館や徳川美術館のオフィシャルサイトやパンフレットなどにおいてしばしば使用されています。本「源氏物語絵巻」以外の著名な「源氏物語絵巻」としては狩野尚信によるもの、久隅守景によるもの、狩野栄川によるもの等があります。

源氏物語絵巻のグループ

源氏物語絵巻は近年の研究の進展に伴って、現存する部分だけでも、顔を描くときの筆致・画風の違いなどから下記の4つのグループに分けられています。

  • A類 柏木、横笛、鈴虫、夕霧、御法の各帖
  • B類 蓬生、関屋の各帖
  • C類 若菜、早蕨、宿木、東屋の各帖
  • D類 竹河、橋姫の各帖
日本の歴史好きな貴方へ

源氏物語絵巻のグループ(詞書の書風)

また詞書の書風は、下記の5つのグループに分かれています。

  • 1類 柏木、横笛、鈴虫、夕霧、御法の各帖
  • 2類 蓬生、関屋、絵合、松風の各帖
  • 3類 若菜、末摘花、早蕨、宿木、東屋の各帖
  • 4類 竹河、橋姫の各帖
  • 5類 薄雲、乙女、蛍、常夏の各帖

これらの絵巻物はそれぞれ別の制作グループによるものと考えられるようになりました。従って、現在では(古い時代の文献を引用する場合や、「かつて隆能源氏と呼ばれていた」といった表現をされる場合を除いて)「隆能源氏」と呼ばれることは基本的にありません。ただし、藤原隆能が本絵巻物を製作したグループのどれかの中にいた可能性は高いと考えられています。